妊婦の悩みは尽きないものです|便秘の解消法

疲れ目を解消させる方法

目頭を押さえる男性

目は起きている間、無意識のうちに様々な情報を読み取っています。目には水晶体と呼ばれるレンズのようなものがあり、その周りにある筋肉が常に働いています。しかし、長時間近くで物を見たり、パソコンなどから発せられるブルーライトを長時間浴び続けてしまうと、目の筋肉が凝り固まり、目の疲れをもたらしてしまいます。目の疲れは、何も対策しないまま放置してしまうとやがて体全体へと広がってしまいます。それによって、肩こり、頭痛といった体への症状も現れるようになります。この状態を眼精疲労と呼びます。眼精疲労はその他にも、目の痛みや充血、吐き気や食欲不振といった症状をもたらすこともあります。場合によっては視力が低下してしまうこともあるため、目の疲れを感じた時は、すぐに眼精疲労対策を行う必要があります。

眼精疲労対策として有効なのが、目に良いとされる食物の摂取です。例えばビタミンAです。ビタミンAには、目の粘膜を保護して網膜を正常の機能させる働きを持っています。チーズやうなぎ、にんじん、ブロッコリーなどに豊富に含まれています。また、エネルギーの代謝を促し、目の充血や疲れを予防する効果があるのか、ビタミンB群です。さんまやのり、納豆などに多く含まれます。そして目にある活性酸素を消去し、眼精疲労対策に最も有効とされているのがカロテンです。目の健康には欠かせない成分であり、ほうれん草やケール、キャベツなどの緑黄色野菜に含まれています。これらの成分を積極的に食べる、またはサプリメントによって補給することによって、眼精疲労を予防、改善させることが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加